顔脱毛の時のシェービングは?肌トラブルが心配!シミやホクロがあっても脱毛は出来るの?

脱毛サロンでの顔脱毛。顔の産毛の処理は?シミやホクロがあっても脱毛の邪魔にはならないの?

 

脱毛サロンを利用した事がある人は分かると思いますが、脱毛の施術を受ける際には、事前に自分で施術を受ける部位のむだ毛をシェービングしておく必要があります。

ただ、顔などのデリケートな部分の場合はサロンによって対応が異なるケースもありますので、少し詳しく見ておきましょう。

 

 

■シェービングと肌トラブルの問題

脱毛サロンで施術を受ける際、基本的に初回の施術の際のシェービングというのは、サロンの方でやってくれます。

ただ、2回目以降は、自分で処理してきて下さいと言われる事も多くあります。

また、サロンによってはシェービングを忘れてサロンに行ってしまうと、シェービング料を請求されたり、施術を受けられない場合もあります。

ただ、顔はとてもデリケートな部分なので自分で処理すると肌トラブルが起きてしまうという人も多いと思います。

もしも、肌が弱くて自分でシェービングする事に抵抗があるなどという人は、事前にサロンにきちんと相談をしておきましょう。

肌トラブルの状態によっては施術を受けられなくなる場合もあります。

そうなると、せっかく脱毛を決意したのに、前段階のシェービングの問題で施術を断念しなければならなくなる事もあります。

 

 

■サロンで処理してくれる場合もある

サロンによっては、顔などのデリケートな部分のシェービングは、サロンの方でやるので自分ではしなくて大丈夫という所もあります。

もちろん施術費の中にシェービング料が含まれている場合もありますが、肌が弱い人の場合はそうしてでもサロンで処理してもらった方が肌のためには良いと思います。

シェービングによる肌トラブルが気になる人は、自分で処理する必要があるのかどうかについて事前にサロンに確認を取って、なるべくサロンで処理してもらえる所を選ぶと良いと思います。
 

 

■脱毛エステの顔脱毛は、シミやホクロがあっても大丈夫?

顔は常に外気や紫外線などの外的な刺激にさらされた状態にあるため、シミなどができやすい部分でもあります。

普段はメイクで隠す事ができても、脱毛の施術を受ける際にはメイクを落とさないといけないのでシミもあらわになります。

肌にシミがある場合、脱毛サロンの光脱毛の施術を受けても大丈夫かと不安に感じている人もいると思います。

また、シミと合わせてホクロがある場合も同じような不安を感じる事があると思います。そこで、今回は、顔脱毛の際にシミやホクロがある人はどうなるのか?という点についてお話してみたいと思います。

 

 

■ シミやホクロは保護して施術

結論から言うと脱毛サロンの光脱毛の場合、シミやホクロのある部分に生えている毛は処理する事ができない場合がほとんどです。

これは、光脱毛で使用する特殊な光が黒い色素に反応して毛根を破壊する力を持っているからです。

シミやホクロにも黒い色素が含まれていますので、その部分に光を照射すると過剰に反応して火傷を起こしてしまう可能性が高いと考えられます。

そのため、光脱毛の場合、シミやホクロの部分には肌色の保護テープなどを貼ってから他の部分を施術するようになる場合がほとんどです。

シミの場合は程度にもよるので、気になる人はサロンで事前に相談してみましょう。

 

また、どうしてもホクロやシミの部分も脱毛したいという場合には、ニードル脱毛という方法もありますが、特にホクロなどは刺激して傷つけたりすると良くありませんので、よく考えてから施術を受けるようにしましょう。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です