アンチエイジングには体組織のデトックスが必要!でもデトックスって何をすれば良いの?

 

加齢対策にデトックスはとても重要です。


体の毒素を抜き、体の細胞を若返らせることで健康な体となり、長生きができるからです。

 

 

■食生活とデトックス(解毒)


デトックス(毒素を排除)したい場合は、まず毒性を含む食品を食べることをやめ、体に毒素がたまらないようにすることが大切です。

 

 

断食(ファスティング):


健康上、断食は有効だと示す多くの医療研究があります。

食事の摂取量を減らすことは消化にもよく、健康になることは明らかだと、一般によく認識されていますね。

 

医療分野での断食治療法はドイツやロシアで多くの病院で実践されているのが有名です。

 


最近の研究によると、24時間空腹だった人は、特にアンチエイジングに役立つ成長ホルモンを増加させ、糖尿病や心血管疾患のリスクを減少させるという結果が得られています。


動物実験では、癌疾患との闘いに断続的だが、効果があったとも言われているんですね。

 


栄養制限や空腹時はオートファジー(自己消化)の働きを引き起こし、細胞の若返りという特に興味深い調査結果が出ています。

 

伝統医学と自然療法における食事制限は、脂肪の蓄積をやめた時に、病気になった体の悪い組織を処分していきます。


細胞は空腹時や酸素欠乏などのストレスの影響下では、損傷した古いタンパク質や毒素を破壊し、新しいタンパク質を作るのを活性化します。

 

断食が細胞のリサイクルの役割を果たすと考えられるわけです。

 

断食は、細胞若返りに効果的なデトックス(解毒)だと言えますね。

 

 

 

食品の摂取量を減らすことは、飽和脂肪、加工食品や複合タンパク質、高温調理されたインスタント食品などを体から取り除くため、治癒効果が現れます。

 

断食によって、消化と排泄の作業を減らし、肝臓や他の器官の毒素を取り除くことができます。

 

既に、多くの研究があるように、食事カロリーを減らすことは、平均余命を増加させる可能性があるんです。

 

 


解毒作用で身体を助ける食品


ほとんどの生の果物や生野菜や多少、加熱した場合、抗酸化作用の成分が豊富で、肝臓のデトックス(解毒)に効き目があります。


アーユルヴェーダ医学によると、ニンニク、タマネギ、レモン、オリーブオイルは効果が認められ、広く使用されています。
 


タンポポ、大根、アーティチョーク、肝臓を助ける。

タンポポ、フェンネル、アスパラガス腎臓を助ける。

ほとんどの果物やプラム、プルーンや亜麻の種子は、腸を刺激し、助ける。

ウコン、タイム、コリアンダー、唐辛子、バジル、ニンニク、フェンネル(ハーブ)などのスパイスを調理にたくさん使用するのが良いようです。


それらは腸をきれいにし、デトックス(解毒)してくれる効果が期待できます。

 

多くの伝統療法の薬では、苦味や辛味スパイス(生姜、唐辛子、リンドウ、タンポポ、ウコン)は、身体から毒素を除去するために使用される。これらは、抗酸化作用があり、肝臓を助ける成分が豊富でデトックス(解毒)効果が期待されています。

 

サプリメントとして水の摂取が推奨されているのは、酸塩基平衡を復元し、肝臓の解毒反応を最適化してくれるから。


たとえば、アルカリ水を選択すると、体の血液の水素イオン濃度(pH)が酸性である場合には、水から重炭酸やクエン酸カリウムを補給し、アルカリ体質になります。

 

*酸塩基平衡 :酸と塩基の平衡を維持して、pHを一定に保つため、血液や体液の緩衝作用、呼吸による調節作用、腎臓による調節機構が、存在する。

 

同様に不飽和脂肪酸(オメガ3、6、9)の豊富なオイルを摂取すると、細胞レベルでの膜の交換まで促し、体の外側に毒素の細胞組織を排出するのを助けてくれます。

 

 

加齢に伴うデトックスは、断食を定期的に行い、新陳代謝を促し、細胞を若返らせることが大切。

 

日常的に、解毒作用をもたらすスパイスや食品を摂取するよう心がける工夫も必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です