目元のアンチエイジング!しわやたるみに有効な目元のエイジングケアをご紹介します。

 

どうしても気になる目元のエイジングケア。あなたはどんな風にお手入れをしていますか?


目元は特に、その人に合わせたケアを必要とする敏感なエリア。

実際に、顔が老けていく最初の徴候が目元にでることはよくあるケースですね。

しわや細い線が刻みこまれるのを遅くするためには、25歳ぐらいからから目元ケアを始める方が良いんです。

 

今回はアンチ・エイジング対策として、目元ケアの選択と概略をご紹介してみます。

 

 

目元のエイジングケアにはちょっと特別なケアが必要?

実際には、目元ケアにはほとんど関心がないというひとも意外と多いもの。しかし、専門家は目元ケアを25歳ぐらいから始めるのが効果的だと言いますが、それはなぜでしょうか。

 

顔の老化の最初の兆候は皮膚が柔らかくて他の部分よりも敏感な目元に現れるんですが、これは紫外線や大気汚染などの外部からの刺激に対する抵抗力が弱いから。

年齢を重ねるに従い、毎日1万回以上のまばたきをするまぶたのまわりには、細かい線やしわの跡ができていきます。

潤いと肌の老化を防ぐために目元ケアはとっても大切。しかし、目元ケアの製品は、保湿剤やアンチ・エイジング(抗老化)のものと異なる観点にも注意した方がよいんですね。

 

目元ケアには注意が必要なのは、人によっては、刺激を感じたり、アレルギー成分が含まれている可能性があるから。

毎日、目元は洗った方がいいですし、目の周りの組織には腫れたりする脂肪もあり、時には、クマを残したりするので、日々のこまめなお手入れがじつはとても大切なんです。

 

 

どんなお手入れを選択するのがいいの?

目元ケアの商品はたくさん売られていますが、自分に合ったモノを選択するのはなかなか難しいところです。

ブランド品が宣伝されているような効果が、自分にもちゃんと実感できるのか、というのを事前に調べるのは容易ではありませんよね。

 

 製品を選ぶときの基準は、まず、質感や使い心地の快適さ。

目元ケアはジェルかクリームがお薦め。

 

テクスチャは、それぞれ長所と短所があることを覚えておいてください。

ジェル系はすぐに吸収し、クールな効果を持っていますが、乾燥しやすいというデメリットも。

逆に、クリームは肌に浸透するまで少し時間はかかりますが、つけた感じはとても良い場合が多いんです。

自分の肌のタイプに応じて目元ケア製品を選ぶのがベスト。 コラーゲンやヒアルロン酸などはリフティング効果があり、目元ケアの成分にツタ、ブルーベリーや充血除去のための成分も使われ、いわゆるパールに例えられるような光沢効果をもつアイテムも存在します。 

 

使い方についてもいくつかポイントがあります。

目元ケア製品を使用するには、 目の周りの骨の一部にのせるように。

・完璧に目の周りを洗ってから、皮膚に用いる。 

・ごく少量を使う 

などですね。

 

アプリケーターがついている製品は、直接、手にとらずに使う工夫がされている。

アプリケーターを容器の中に入れ、数滴とり、目頭から目尻までつけます。その後、静かに内側から眼球の外側にむかって、まぶたの上にスムーズに目元ケア製品をのばします。

夏には、目元ケアによって腫れた目が、少し引き締め効果が出て、ひんやりとすることもあるんです。

 

25歳を過ぎた女性は、目元ケアをしっかりと、日常的にこまめに行うやることが、目元のアンチエイジング対策にはとてもとても重要になってきます。

年齢の割に老けている女性は、目元ケアをずっと疎かにしてきてしまったひとかも・・・。

 

目元を若々しく保つためには、適切なお手入れが大事なんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です