サウナのダイエット効果について考えてみた!

 

サウナの消費カロリーは、1時間入ってご飯お茶碗1杯分の150kcal。

 

 

サウナにダイエット効果があると思っている方は男女問わず多いかと思いますが、実際は殆ど効果がないという事実を知っていますか?

 

多くの人がサウナにダイエット効果があると勘違いしてしまっている理由としては、サウナから出た後の体重が確実に減っている点だと思いますが、これって本当に痩せて体重が減ったということなのでしょうか?

この点をよく理解していないことが大きな誤解を招くことになってくるので、この体重減はどうして起こるのかを説明していきたいと思います。

 

人の体は全体の約60%が水分で構成されています。

各内臓器官や骨や筋肉が大部分を占めると思われている人も多いと思いますが、体の中は半分以上が水分で構成されているのです。

 

ここで汗のメカニズムについて理解してもらいたいのですが、体内器官が最も効率よく機能する体温が36℃と言われています。

ですから暑い所にいって体内温度が上昇すると正常な体温に戻そうという機能が働いて、上がった体温を汗と共に排出されるようになります。

 

暑い所に行くと汗が出るのは体温調節をするためなのです。

当然水分には重さがありますから汗として体外に出た総量が体重減少として表れます。これが体重の減った原因です。

 

しかしここで考えてほしいのは痩せるという現象は即ち、脂肪が燃焼した結果です。

体から水分が汗として排出されたからといっても脂肪が燃焼されたわけではありませんから、サウナに入って体重が減ってもダイエット効果があったとは言えませんよね。

そして、汗として排出された水分は本来体内に必要なものですから、その後の水分補給によって補充されて体重も直ぐに元に戻ります。

 

確かに汗が出ると言う現象は代謝の証ですから間違いなくエネルギーが消費されていることになるのですが、その際に消費されるエネルギーは1分で2~3kcal程度でさほどダイエットに効果があるとは言えないのです。

 

ダイエットのためにサウナを利用している人は他の方法を探したほうが賢明ということですね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です