誰でもなるものだからしょうがない?知っておきたい悩みの種。偏頭痛の原因について。

偏頭痛の原因とは

 

偏頭痛が起こる原因は実際は、まだ不明です。

ですが、起こる有力な仮説は現在、解明されています。今回は偏頭痛が起こっている原因の有力な仮説に関して紹介いたします。

 

最初に、一番有力な仮説は、セロトニン説です。

 

セロトニンは、脳内のストレスが発生した時に分泌される脳内物質の一つで、この脳内物質が多くある方は、偏頭痛持ちが多いことが知られいます。これは疫学調査でも実際に判明されており、セロトニンの過剰分泌によって発生することが知られているのです。

 

セロトニンが多く分泌される原因は、ストレスや不規則な睡眠生活といったようなことが原因とされています。規則正しく、睡眠をしっかり取ることは、最小限の量で睡眠を得ることができるので、セロトニンの分泌過剰による説が現在一番有力となっているのです。

 

セロトニンが一番の原因となっているのが、セロトニンの分泌によって、脳内の血管の萎縮する効果があり、血流の量を抑制するといった効果があるからです。

 

それ以外にも多くの原因としてあるのが、自律神経の乱れによる、慢性的な血管の萎縮です。

自律神経の乱れによって、脳の血管の萎縮が部分的ではなくて、慢性的な場合になりますと、偏頭痛でもかなり重い症状になります。これが、脳内の血管系による偏頭痛の原因です。

 

次に、多いのが脳の血管の血液量を減少させるといった症状がある場合です。この場合は、脳に向かう血管系の径が人間の筋肉のコリによって発生すると言った症状が起こることです。

スマートフォン、パソコンといった長時間同じ姿勢で座るような作業をしている場合、体の後ろの筋肉が異常に凝り固まるといった症状が起こります。こうした場合には、肩こりや首こりの他に、血流が起こることによって、偏頭痛が起こるようになってしまうのです。

 

また、自分に合わない薬剤を服用している場合も、偏頭痛の原因になります。これは、偏頭痛薬の慢性的な使用によって発生することが知られているのです。自分にあった薬を適正に飲むということも偏頭痛の治療において必要なことになってくるわけなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です