偏頭痛の悩み

偏頭痛がもうヤダ!

時折襲ってくる、あのなんとも言えない頭の痛み。。憂うつですよね。

 

慢性頭痛には多くの痛みの種類が存在します。今回はそんな痛みの種類に関して紹介いたします。

 

最初に頭痛と言っても痛むメカニズムが大きく違うのです。

偏頭痛と緊張性頭痛、群発性頭痛といった種類があることがあまり知られていないのです。

 

では、偏頭痛の場合はどういった症状が主流なのかといいますと、最初に頭痛の予兆に大きな特徴があるのです。

多いのは、光が眩しく感じる、閃輝暗点症とう症状の後に痛みが発生します。それ以外に多いのは、めまい、吐き気といった症状です。こうした症状を持っている場合には偏頭痛の可能性が高くかつ、薬で予防することが可能なんですね。

 

また、痛みの場所が、頭全体痛むのが特徴です。痛みの継続時間も短く、10分ほどで問題が無いといったことも多いのが特徴になります。

実際に多くの実例として、短時間で頭全体が痛むというのが偏頭痛の症状になります。

 

次に、頭痛の症状で放置が危険とされているのが、偶発性頭痛です。

これは、頭の一部分が異常に痛むのが大きな特徴になります。こうした頭痛の大きな特徴として、症状の進行がひどいにも関わらず、日本人の性分上頭痛と考えてしまうといったことが多いのです。痛む箇所はこめかみが多いといったのも大きな特徴になります。

こめかみを針で突くような痛みが、1時間以上続く場合は重症ですが、初期症状に発汗や不眠といった症状も発生するのが特徴になります。

 

これは、同じ頭痛でも一過性で血管の血流が妨げられる場合と、交感神経の緊張によって慢性的に血管が収縮しているといった症状の発生の違いによります。

こうした原因もわからないで偏頭痛と考えるのは禁物です。

 

また、脳の血管の詰まりである脳梗塞と言った症状が発生している場合も、こうした偏頭痛の症状が発生しているといったことになります。

 

慢性頭痛の症状は多くありますが症状に合わせた対処法が何よりも肝心なのです。区別がつきにくい場合には病院に行くことも考えるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です