偏頭痛の症状と対策

偏頭痛の症状3種類とそれぞれの対処法

偏頭痛の症状には、大きく3つの前兆症状があります。

最初に肩こりが大きく関係しています。

実は、慢性的な肩こりには、偏頭痛をより引き起こす問題点があるのです。今回は、そんな偏頭痛と肩こりに関して解説いたします。

 

最初に偏頭痛と肩こりですが、何故こりがこうした偏頭痛の症状の原因になるのか?

それは、凝りによって脳内の血管の幅が細くなり、血流が非常に少なくなるといった現象が起こるからです。

スマートフォン、パソコンと現代人は娯楽でも仕事でも、液晶画面を見つめるために、同じ姿勢を長時間取るようになりました。その結果、偏頭痛の症状が発生するようになる割合が増えたのです。

 

対処法は、長時間同じ姿勢を取らないようにすること、そして、だるいと感じたら、温かいタオルで、患部を温めて血行を良くするといったことになります。

 

次に、吐き気です。これは偏頭痛の痛みによって脳内の吐き気の中枢が、刺激されることによって発生します。肩こりの次に多い偏頭痛と一緒に発生しやすい症状ですが、この症状の厄介な部分は、仕事中といった時でも容赦なく発生するということです。非常に大変なのは、対処法を間違えると一気に症状がひどくなる点です。

一番は、アイマスクをして安静になることです。

偏頭痛と同時に起こる吐き気の症状ですので、肝心なのは横になることです。

また、吐き気が起こっている場合の偏頭痛には薬の服用に関して対処が必要になります。神経系を刺激して起こっている頭痛の症状になりますので、目から入る光の情報を少なくする必要があるのです。

こうした、吐き気といった症状は、交感神経を過剰に活性化する状況が長時間続いた場合に、吐き気の症状が出ることが多いので注意が必要なのです。

 

最後にめまいですが、めまいが発生した場合は、吐き気同様安静にするのが一番です。

これは、偏頭痛によって、耳の三半規管に刺激があると偏頭痛の症状として発生します。違うのは、耳の神経に、刺激がないような状態にするため、音が聞こえない状況にすることが大切なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です