偏頭痛の診断の基準とは?

偏頭痛には、実は症状の進行度合いによって診断基準が決まっています。

そして、その診断基準によって、治療と言っても様々な治療が行われるのです。

 

自己の薬やサプリメントと板もので治療も可能ですが、そういった治療でも長年の偏頭痛に悩まされている方も少なくないでしょうか?今回は、医学的見地から見た偏頭痛の症状の診断基準を紹介いたします。該当する部分があって、市販薬レベルでは症状が治まらない方の参考になれば幸いです。

 

一番重要なのは、痛みの深さと時間になります。

痛みの深さと言っても、人によって痛みの感じ方は非常に異なります。例えば、子どもと大人では、同じ痛みを与えたとしても、子供のほうが痛がったりします。こうした個人差をなくすためには、最初に痛みの表現というものを覚えておくといいのです。実際に頭に起こっている痛みのうち、何の痛みに近いのか知っておくことが大切になってきます。

 

痛みのうち、ハンマーで叩いたような痛みなのか?針のように突き刺したような痛みなのか、偏頭痛の診断ではそういった痛みの強さ、加減といった内容が大きなポイントになってくるのです。

次に、時間帯です。時間帯というのは重要な要素で、痛みが発生する時間というものがあります。もし、睡眠時の時や寝起きに発生するといった場合は、自律神経系の頭痛になりますので、病院での治療が重要になります。また、偏頭痛が継続する時間も大きな要素になります。偏頭痛の続く時間によって、処方する薬の種類を変える必要があるからです。そのため、販売されている薬以外の薬を飲んだほうが治るといった場合があります。

 

偏頭痛でも使用する薬剤を間違えることによって、頭痛の症状が続くといったこともあります。薬剤による偏頭痛の症状の目安は、一ヶ月以内に15回以上薬を服用しても、偏頭痛が治まらない場合です。

そういった場合は、病院での診断処方による、薬剤での治療、服用に対するカウンセリングを受ける必要があります。薬剤がない状態で頭痛がない状態が本来のゴールですので、自覚ある方は病院に行くことをお勧めいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です