酵素ドリンクがダイエッターから長く親しまれている理由。そのメリットとは?

 

酵素を積極的に摂取する事は身体にとっても良い事です。

より効率的に酵素を体内に取り込む方法として注目のアイテムが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクと言われてもなかなかピンとこない人も多いと思います。

酵素ドリンクは、別名で植物発酵エキスとも呼ばれています。

 

 

■発酵と酵素ドリンクの関係

酵素は熱に弱いという性質があるので、加熱すると破壊されてしまいます。

そのため食品から摂取する場合でも生のままで食べるというのが原則となっています。

また、食品の中でも発酵食品には多くの酵素が含まれていると言われています。

みそや納豆、しょうゆ、漬け物、チーズ、ヨーグルト、キムチなどといった食品に含まれる酵素は消化を助ける働きをするとして注目されています。

この発酵という点に着目して開発されたのが、酵素ドリンクです。

酵素ドリンクの多くは、数種類の野菜や果物を時間をかけてじっくりと発酵させる事で出来たエキスをドリンクとして製品化したものとなっています。

 

■酵素ドリンクと野菜ジュースの違い

酵素ドリンクは、野菜や果物を原料としているというと、野菜ジュースをイメージする人も多いと思います。

でも、酵素ドリンクと野菜ジュースは製造方法から異なります。

酵素ドリンクは、酵素の性質に着目して熱を加えないように発酵処理する事で、野菜や果物の中にある酵素を濃縮エキスとして取り出しています。

一方の野菜ジュースは、あくまでもジュースなので加熱処理もしますし、調味料を加えて味を整えている場合も少なくありません。

そのため栄養素という点で比較すれば、断然、酵素ドリンクの方が多く含まれていると考えられます。

 

酵素ドリンクのメリット 

酵素ドリンクは、健康維持や生命維持のために体内で働く酵素を効率的に絵摂取する事ができる便利なアイテムです。

酵素自体は人間の体内でも生成されていますが、その生成量は加齢と共に減少します。

体内で生成される酵素を潜在酵素と呼びますが、この潜在酵素が減少する事で人間の身体には様々な変調が起こるともされています。

 

■摂取が難しい食物酵素

潜在酵素の減少を止める事はできません。そのため、体内の酵素量というのは減る一方となってしまいます。

そこで健康維持のために重要となるのが、食物酵素の存在です。

食物酵素は食品に含まれる酵素の事で、これを食事を通して体内に取り入れる事で、潜在酵素の働きを活発化させる事ができるとされています。

ただし、食品から多くの酵素を取り入れることはなかなか難しいのです。

なぜかというと、酵素自体が熱に弱く、加熱調理を行うと酵素自体が破壊されてしまい、働きを失ってしまうからです。

そのため、食品から酵素を摂取しようとすると熱を加えない生の状態で摂取する事が求められるのです。

生野菜や果物というのは、一度にそれほどたくさんの量を摂取する事は難しいので、酵素の摂取量も限られたものとなってしまいます。

 

 

酵素ドリンクは、食品から直接摂取するのが難しい食物酵素を効率的に摂取する事を目的に開発され飲料です。

製造の段階で、野菜や果物をじっくりと発酵させる事で、熱を加えずに食物酵素が濃縮されたエキスを作り出します。

このエキスを飲みやすく製品化したものが様々な酵素ドリンクとして販売されているというわけです。

ドリンクになっているので、手軽に利用でき、なおかつ酵素も栄養も摂取する事ができ、潜在酵素の働きを助ける事ができるというメリットがあると言えますね。

 

1か月であと─3キロ美しく痩せる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です