IKEAの通販でハイセンスなカーテンやサイドボードも揃う。部屋を広く見せる一工夫☆

IKEAの家具で部屋を広く見せる方法

 

インテリア雑誌に載っているようなおしゃれな部屋…。

 

憧れますよね。「でもウチはワンルームだから」とあきらめていませんか?

 

また部屋の広さはあってもモノが多すぎたり、家具どうしのバランスが悪く、部屋を狭く見せてしまうことも。

 

家具を買い替えたい!と思っても予算の都合でなかなか実現しない…という方もいるのではないでしょうか。

 

でも大丈夫。手頃な価格なのに、北欧デザインでおしゃれなIKEAの家具や雑貨があれば、狭い部屋を広く見せたりスペースを有効活用することもできるんです!

 

ここで狭い部屋のためのIKEAオススメアイテムを紹介しましょう!

kallax2

 

 

背の高い家具は避けて、背の低い家具を中心にコーディネート

 

狭い部屋に背の高い家具をいくつも並べると、圧迫感が出て部屋を余計に狭く見せてしまいがちです。

 

家具を選ぶときには背の低いものを選ぶようにしましょう。

 

例えばチェストなら6つの引き出しがついたMALMチェストがオススメ。

 

malm1

 

たっぷり収納できる引き出しなのでかさばりがちな冬物でもたくさんしまうことができます。

 

カラーは圧迫感のない白など、明るいカラーを選ぶのがポイントです。また白い壁なら家具も白にすることで、同一感が生まれてすっきり見せることもできます。

 

本棚とサイドボードの2つの役割を果たしてくれる書棚・BILLYは高さ106センチ。

 

billy1

 

収納するモノの高さに合わせて棚の高さも変えられるスグレものです。

 

さらに本が増えた…というときは同じBILLYのユニットを追加してもOK。

 

こんな風に同じシリーズのアイテムでまとめることでゴチャゴチャさせないことも部屋をすっきり広く見せるためのポイントでしょう。

 

このような低い家具でまとめて家具どうしの高さの凸凹をなくすと、天井が高く感じられるようになることが分かります。

 

部屋中に家具を置くのではなく、家具を置くラインを一辺にまとめたり、コーナーに寄せたりすることで床も広く見せることができるので開放感のある広い部屋に見せることができます。

kallax

 

 

床をできるだけ広く見せる!

ワンルームの部屋にラグを敷いている…という方は多いのではないでしょうか。

 

部屋を広く見せるためには床をできるだけ露出させるのも大切なポイント。

 

床の面積が広いと、実際よりも部屋を広く見せることもできるんです。

 

 

リビングやワンルームの部屋にラグを敷くときにはサイズが大きすぎないものを選ぶようにしましょう。

 

小さなラグをいくつも部屋に置くより、大きめのものを1つ真ん中に置く方が部屋をすっきり見せることができます。

 

ナチュラルカラーを選ぶとどんなインテリアの部屋にも合わせやすそう。

 

テキスタイルに力を入れているIKEAのラグの中でも最もシンプルなデザインのOSTEDならワンルームの床に敷いても個性を主張しすぎることがありません。

 

OSTED1

 

サイズが5種類もあるので部屋の面積に応じて選ぶことができるのもポイント。天然のサイザル麻で手触りもよく、丈夫で耐久性にも優れています。

 

 

 

カーテンの色は明るいものを選ぼう

部屋の中で意外に大きなインパクトを持つのがカーテンです。

 

柄物や個性的なカラーのテキスタイルが充実しているIKEAのアイテムを見ていると、ついついパープルや大きな花柄のカーテンなどを選びたくなりますが、部屋を広く見せたいなら、シンプルなデザインか無地のものを選ぶのがベスト。カラーは壁の色と近いものを選ぶのが無難でしょう。

 

柄物は飽きがきそうでちょっと…という方は同布のタッセルがついたカーテンBLEKVIVAのホワイトやベージュを選んでみてはいかがでしょうか。

 

BLEKVIVA1

 

密度の高い生地を使用しているので、しっかりと日差しを防いでくれるだけではなく、わずかに浮かびあがるジャガード織の柄が部屋を上品なイメージにまとめてくれます。

 

タッセルがついているので、カーテンを開けるときにはしっかりサイドにまとめておくとスッキリ見せることができます。

 

ポイントは天井から近い位置にカーテンロッドを設置して、長めのカーテンをつるすこと。実際よりも部屋が広く見えることに驚くかもしれません。

 

 

 

仕切り効果のある家具を利用して空間を有効活用!

ワンルームの場合、リビングコーナーとベッドコーナーが一緒になっていて、くつろげない…という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

こんな時には仕切り効果のある家具で空間をきっちり分けてみるとよいでしょう。

 

背板がなく、反対側が空けているシェルフユニット、KALLAXなら表裏のないつくりになっているので、部屋を仕切るにはぴったりのアイテムです。

 

KALLAX3

 

背板がないと光を通すので、閉塞感がなく部屋の中が暗くなることもありません。ベッドとリビングコーナーの間におけば、目隠しになります。

 

仕切りとして使用するときは、背が高い方がいいこともあります。

 

KALLAXなら背が高くても背板がないことで開放感があるため、部屋が広く感じられます。

 

ポイントはシェルフの中いっぱいにに物を詰めないこと。反対側が見えるような余裕を持たせておくようにしてください。

 

いかがでしたか?IKEAの家具はシンプルなデザインで機能性の高いものが多いので、上手に活用することで狭い部屋も広く見せることができます。

 

ゴチャゴチャした部屋にうんざり…という方は、是非IKEAの家具を利用して模様替えにトライしてみてください!

 

billy2

 

 

 icon-arrow-right  *インテリアなら* IKEAの家具

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です