バツイチ・子持ちが婚活・恋活を成功させるために必要なこと。諦める必要なんて無いんです。

 

バツイチや子持ちという境遇の方はどうしても婚活や恋活に臆病になってしまうようです。

これはその境遇が婚活や恋活に不向きであると自分で判断してしまっていることが原因です。

確かに、バツイチ・子持ちという境遇がプラスにはたらくかと言われれば、むしろマイナス要因と捉えられることが多いでしょう。

 

しかし、心配はいりません。

 

 

バツイチ・子持ちにもニーズはある

「バツイチ・子持ちだから婚活や恋活に向いていないのではないか」とお悩みの方もいらっしゃるでしょうが、そのような方はあなただけではありません。

最近の夫婦は4組に1組は離婚経験があると言われています。

婚活・恋活サイトにはそのようなグループが作られていることもありますし、バツイチ・子持ち限定の婚活・恋活パーティーも開催されています。

結婚相談所においては、担当スタッフの方が考慮して進めてくれます。

 

 

実際バツイチ・子持ちの会員はどのくらいいるの?

結婚相談所と婚活・恋活サイトにおいてはバツイチの会員は多くても10%ほどだと言われています。

さらに子持ちとなると、数%ほどしかいません。

決して多い人数ではありませんが、婚活・恋活をするには十分な人数です。

真剣な出会いを求めているわけですから、相手は運命の1人で十分なはずですから。

 

 

成功確率を上げる1:同じ境遇の人を探す

例えば、あなたが40代後半のバツイチ・子持ちだとして、相手に20代前半未婚者を希望してもなかなか成功しません。

残念ながらこれは高望みとしか言いようがありません。

やはり20代30代の方は、基本的に同年代を希望しています。未婚者の方は未婚者を希望するものです。

そこに割って入るようなことは厳しい戦いとなるでしょう。

同じ境遇の人であれば、同じ幸せと同じ苦しみを分かってくれていると感じるので、成功する確率が高まります。

 

 

成功確率を上げる2:正直に公表する

必要以上の情報を公表する必要はありませんが、境遇を隠すことは得策ではありません。

特に子持ちの方は、デートをするにも子供の面倒をどうするのかということが問題になります。

ただ、相手も同じ境遇であれば子供を連れていくこともできるでしょうし、子供を理由に予定を組んだり、変更したりすることにも理解が深いことでしょう。

活動中は隠せても、最終的には相手に伝えなければならないのですから、出会いを求めるばかりに中途半端に隠すことは、後々面倒なことになりかねません。

ある程度の年齢に達しているのに、交際経験がないという人よりも、バツイチや子持ちの人の方が人間的に成熟していると受け取る人も多いようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です