バストアップのためのエクササイズ(運動法)や筋トレについて。バストアップは出来る事から始めよう!

ec09050001

 

バストアップのためのエクササイズとは

 

バストアップのための運動法には、エクササイズが有効です。特に大胸筋を鍛える運動が効果的です。

 

なぜならば、大胸筋がバストを支えているからです。大胸筋を鍛えることによって、垂れさがったバストや横に広がってしまったバストを上向きのキレイな形のバストへ替える事ができます。

 

また、大胸筋は鍛えることで厚くなるため、大胸筋が成長するとバストが大きく見えるようになります。つまりバストの下にパッドを入れたような状態になるのです。

 

 

大胸筋を鍛えるための簡単なエクササイズを紹介しましょう。

 

①両手を胸の前で合わせる

②合わせた掌を7秒ほどギュッと合わせる

③これを毎日数回行う。できれば胸から離した位置で行うとより効果的

 

また、合わせる手の位置を胸の前だけでなく顔の前や左右の胸の前、お腹の前などにずらして行う事で、バランスのいい大胸筋を鍛えることが出来ます。

 

これと同時に腹筋や背筋を鍛える運動を行うとより効果的です。

 

なぜならば腹筋や背筋を鍛えることでウエストが引き締まってくびれができるため、これによってバストが大きく見えるからです。

 

(同時に、体型だけではなく新陳代謝も良くなっていいことづくめです。)

 

腹筋と背筋は、筋力トレーニングとして行わなくても、普段から正しい姿勢を心がけるだけでもかなり鍛えることが出来ますので、普段座っている時や歩く時、立っている時などにお腹をへこませて胸を張ることを意識しておくだけでも非常に効果があります。

 

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97_%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac

 

 

バストアップと筋トレの関係性

 

バストアップを考えている人は筋力トレーニングをするべきなのでしょうか。

 

筋力トレーニングとバストアップには関係があるのでしょうか。結論、バストアップをしたいのであれば多かれ少なかれ筋力トレーニングを行うべきなのです。

 

バストケアやバストマッサージだけでは綺麗なバストアップは行えないでしょう。胸は乳腺によって支えられていますが、その乳腺を支えているのは筋肉ですよね。

 

この筋肉が衰えてくるとバストも衰えてきてしまうのです。

 

 

またこの筋肉が少ないと乳腺が脂肪を支えられないので、バストに脂肪が付きにくいとも言われています。

 

ですから最低限、バストアップを目指すのであれば大胸筋を鍛えてあげることが大切です。

 

何も筋力トレーニングと言ってもムキムキを目指す必要はありませんよ!

 

スポーツジムに通う必要もありません。

 

普段は利用しない筋肉を動かしてあげる事で、筋力が著しく低下してしまうのを防ぐのです。

 

 

また全身の筋肉を利用してあげることも必要です。

 

全身の筋肉を利用することでバストアップに大切なリンパの流れを整えることにもつながるのです。

 

もちろんストレッチやエステ、マッサージでもリンパケアすることは出来ますが、本来は筋力によってしっかり流してあげるのがリンパなのです。

 

 

筋トレは少しきついと感じるまで行うのが良いと言われていますが、バストアップのための筋トレは無理をする必要はありません。

 

激しい筋トレを1回するよりも、負担の無い筋トレを週に数回行う方がいいと言えます。夜眠る前に数分間、バストケアとマッサージと一緒に筋トレを始めてみてください。

 

筋トレを行うことで体の変化を実感することが出来るようになるでしょう。

 

 

筋トレを行うことによってバストケアやバストマッサージの効果をより実感できるようになるとも言えます。

 

筋力はそれほどバストと関係していることなのです。

 

特に成熟期である25歳を超えたバストでは意識的に筋力トレーニングを行うことで美しくバストアップすることが出来るようになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です