バストアップと食生活。胸を大きくする成長ホルモンと女性ホルモンってどんなもの?

%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%951009001

 

バストアップに有効な食生活?

 

胸を大きくするために大切な事は、手近なところから始めるというのもひとつですね。

 

食べ物や飲み物から摂取する栄養で胸を大きくする!こういう方法もアリですね。

 

食生活は人間の生きていくうえで最も基礎となるところですから、ここから始めるのが正しい第一歩(?)とも考えられます。

 

良い食品としてよく挙げられるのは牛乳や大豆です。

 

そのほかにもたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどなど大切な栄養をあげていけばきりがありません。

 

しかし同時に、いかにもバストアップ効果があると都市伝説的に言われている食品の中には、実際には効果の無いものもあるため、正しい知識を持って食によるバストアップに励む事が望ましいですね。

 

実際、食生活をバストアップに有効な内容に置き換えていくことで、バストアップ効果を実感した!という女性もたくさんいるんです。

 

しかし!!

最も根本的で直接的な要因はホルモンにあります。胸を大きくするにはホルモンが深く関っています。

%e3%81%8a%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%951009002

 

 

バストアップとの深い関わり。成長ホルモンと女性ホルモン

 

胸を大きくするホルモンには2種類あり、一つは女性ホルモン、そしてもう一つが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンは体の発育に関係するホルモンであり、体が大人になるために作られるホルモンです。

 

筋肉、骨、内臓など様々なものが成長ホルモンの力によって大人仕様へと変化します。もちろんバストもそうです。

 

たしかに食品によってバストアップが促されることも事実ではありますが、胸を大きくするためのより直接的・根本的な要因はホルモンにあります。

 

胸を大きくするためにはホルモンが必要不可欠なのです。

 

成長期には成長ホルモンが分泌されますが、この時激しい運動を部活などでしていた女子は成長ホルモンが筋肉の発達に使われて胸に働かず、そのため胸が大きくならない傾向があるようです。

 

 

バストに影響を与えるもう一種類のホルモンは、女性ホルモンです。

 

女性ホルモンと成長ホルモンはどちらも胸に影響を与えるものですが、本質は違うものです。

 

女性ホルモンは常に女性の対内で作られ、女性の体調を左右しています。女性に生理があるのも、女性ホルモンの影響によるものですね。

 

生理は女性ホルモンの働きによって、毎月定期的に訪れます。

 

生理前には胸が張って痛くなることがありますが、これは女性ホルモンがバストに影響を与えている証拠です。

 

そのため、バストアップサプリには女性ホルモンの分泌を促す機能をもったものが主流です。

 

バストアップマッサージでツボを刺激するのも、ツボをスイッチとして女性ホルモンの分泌量を増やしたり、より強く胸に作用するように働きかけているのです。

 

という風な理由で、バストアップのためには食生活を改善しつつ、女性ホルモンの分泌を促していくのが本来あるべき姿なんではないかと思われます。

 

栄養のある食べ物は間接的要因として、また女性ホルモンは直接的要因としてバストアップに有効に働きかけてくれるわけなんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です